御由緒
 
    始まり
 
(「江戸名所図会」より乗蓮寺・住吉神社)
 
 
住吉神社は創立年代は不詳であり、乗蓮寺朱印地の中にありましたが、明治維新の神仏分離によって境内を区別され村社になりました。
図会を見ると分かりますが、以前は海辺に鎮座しておりました。
また江戸時代に編まれた新編武蔵風土記稿に、「山上に社あり。前に石段八十五段を設く。中腹に石鳥居を立つ村の鎮守なり」とあります。
 
    旧 住吉神社
 
 
 
 
明治初年には村社、同17年の暴風で社殿が崩壊しましたが、同19年には復興しました。明治42年には、近隣の神明神社、稲荷神社、熊野神社、十二所神社、道祖神、白山社、阿志古根神社を合祀しました。
この写真はいつ頃かは不明ですが、この頃はまだ山上に鎮座してました。
 
 
    現在
 


昭和5年に不慮の火災により
社殿を焼失、久しく仮社殿で奉仕していましたが昭和44年に至って、
氏子・崇敬者一同の熱誠を結集した新社殿(本殿 住吉造・拝殿 神明造)、手水舎、境内社、神楽殿、社務所、神輿庫等、45年には朱塗りの大鳥居一切を完備竣工し、現在に至っております。
 


例大祭:
8月の第3または第4の土日(隔年)
 
月次祭:
毎月1日、15日(元旦除く)午前9時 斎行(場合により中止する事もあります。)
 
 
 
 
 携帯用ホームページ
   アドレス